自分に合ったトレーニング法を見つけよう!

>

トレーニングの注意

トレーニングをする上での注意

1.食後すぐのトレーニングは行わない
もし食後のトレーニングをすると、吐き気を催したりしてしまいます。するのであれば食前か食後時間を置いてください。

2.体調が悪い時は思い切って中止する。
体調が悪い時にトレーニングをしてしまうと大きなけがにつながってしまいます。
体調が悪いなと思ったら無理せず休んでください。

3.トレーニング後のストレッチは必ずやる。
トレーニング後のストレッチを行わないと、筋肉痛が悪化したり、最悪攣ってしまいます。
出来る限りストレッチは行うようにしましょう。

4.少しずつ水分補給をする
水分が足りなくなると、人は動きが思うとおりに動かなくなってしまいます。
またトレーニングをすると汗が出てしまい、水分が身体から失われていきます。
トレーニングをするにおいて水分補給は欠かせません。

トレーニングの効果を最大限に発揮しよう

1.トレーニングをする前に栄養補給をしておく
プロテインと吸収の早い炭水化物(おにぎりやパン)を30分前に食べておくと、脂肪を燃やす働きがより大きくなります。
しかし、あまり食べすぎると吐き気を催すので注意です。

2.音楽を聴きながらトレーニングをする
ただ静かな環境でトレーニングをすると人は飽きてしまいます。
そうするとせっかくのトレーニングなのに無駄になってしまいます。
好きな音楽を聴いて気分を高めることによってより楽しく身体を動かすことが出来ます。

3.自分にご褒美をあげる
トレーニングを続けていくと自然と筋肉は付き、体重も減っていきます。
目標をあらかじめ設定しておき、その目標に達したら自分にご褒美をあげましょう。
例えば、お酒を飲んでオーケーだったり、好きなお菓子を食べたり。
でも飲みすぎ食べすぎには気を付けてくださいね。


この記事をシェアする